おねえさんとなつやすみ【ネタバレと感想】

【おねえさんとなつやすみの感想】

 

【おねえさんとなつやすみ】
作者・リリックボックス

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます!!
↓↓クリック↓↓

【おねえさんとなつやすみ】のネタバレ・あらすじ

 

とある男性の幼少時代のストーリーになっています。

 

実話のような語り口調から始まり、夏休みに出会った十歳ほど年上のセクシーな女性との一夏の思い出が描かれているのですが、お姉さんに勉強を教えてもらっている少年は勉強よりも見えそうで見えないお姉さんの胸の谷間ばかり気にしているのです。

とうとう少年の欲求は高まっていき、お風呂に入っているお姉さんの胸を覗こうとするのですが、見つかってしまい、お姉さんに嫌われると泣きじゃくっている姿は、幼い少年らしい純粋さが伝わってきます。

みんなが寝静まったあと、お姉さんがやって来て怒られるどころか覗いてでも見たかった胸を見せてくれて、しかも触らせてくれるのですが、小さな手が胸のなかに沈んでいくほど大きくて柔らかい描写はドキッとさせられます。

お姉さんは少年のことを膝枕して、顔にはおっぱいを埋めさせて、ビンビンとなって苦しそうな下着を脱がせて、固くなった少年のものを手で包み込み、しごいてくれるのてすが、初めてのことですぐに射精をしてしまうリアルな初めての少年の体験はショタ好きではなくても、ドキドキとさせられるのではないでしょうか。

 

一度の経験によって、少年はすっかりとこれまで以上にお姉さんにゾッこんとなり、祖父母が寝静まった頃に赤ちゃんのようにおっぱいを触らせて欲しいとねだりします!!

 

 

わがままな子供のことを癒すようにおっぱいを触らせたり吸わせたりしながら、女の子の触りかたを教えながらお姉さんも快楽に浸っていく姿がとてもイヤらしくて、初めて快楽を覚えた少年がお姉さんのからだに虜になっていき、少しずつ関係が深まっていくものの、なかなか童貞を捨てられないもどかしさも感じられる作品でした。

 

 

【おねえさんとなつやすみ】
作者・リリックボックス

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます!!
↓↓クリック↓↓