おねえさんとなつやすみ【無料・お試し読み】田舎の巨乳の美人お姉さんが色っぽいです。

【おねえさんとなつやすみ】
作者・リリックボックス

 


「これから♡!お姉さんがエッチなことのやり方…教えてあげるね♡」

少年の夏休み、ド田舎の親戚達の家を訪れた少年はムラムラしていたのでした。

田舎で少年が出会ったのは美しい年上の女性。

優しくて美人の彼女は少年にエッチなトラップするのでした!!

そしてすぐに仲良くなったのが…ある夜のこと。

 

脱衣所で着替えていたお姉さんの裸少年は覗き見てしまいます。

 

それに気づいたお姉さんは少年に女性の身体の柔らかさを、そして固くなったおち○ちんの本当の使い方を教えてくれて…!?

 

虫カゴと虫取り網さえあれば満足だった夏休みはその日を境に大きく変わっていくのでした。


おねえさんとなつやすみ【画像一覧】





 

第1話 「じゃあお姉さんがやり方…教えてあげるね」

 

【おねえさんとなつやすみの1話】は、リアルタイムな夏の体験ではなく、かつての夏休みを思い出すことから始まっています。

 

懐古的なムードが漂っているのがポイントで、夏休みの高温多湿な雰囲気が自分の肌感覚で想像できるのが不思議です。

知らないはずの世界の扉を開けるのに、なぜか自分が知っている子供の頃の夏休みの一日を思い出していました。

少年の頃の記憶は、おそらく鮮明であっても、薄らいでいても素晴らしいものです。夏休みの記憶には、おそらく多くの少年たちが、誰か美少女や美女を投影してきていると思います。

 

テレビやネットで観るアイドルでも良いのですが、やはり生々しさにはかないません。

 

目の前に現れた美しい女性が、親し気に接してきてくれるとしたら、それはもう喜び以外のなにものでもありません。


【おねえさんとなつやすみの1話】は、けだるい夏休みの幕開けに、いきなり美しいおっぱいとの遭遇が訪れます。

 

少年の頃ならば、まだ自分の母親の乳房を身近に感じている頃かもしれませんが、家族ではない女性の美しい素肌との出会いは衝撃です。

 

見るだけでも、しあわせになれる美しい女性の素肌ですが、触れることができたときの喜びと衝撃は、はかりしれません。

 

ましてや美しい女性が、すぐ近くにいて、その素肌の匂いや髪の香りを思いきり吸い込める状況ともなれば、理性と本能が入り混じって性欲が最高潮に達します。


自然な無性ではなく、美しい女性の体によって導かれる精通は、この上のない喜びです。

 

そんなことがあった人も、忘れている人も、少年だからこその素晴らしい時間があったことを思い出すきっかけになると思います。

 

美しい女性に性欲を高められるなんて、生まれてくるだけでも至福なんだなとあらためて気づきました。



 

【おねえさんとなつやすみ】

この漫画はBookliveコミックのお試し読み無料で読むことができます。
↓↓お試し読み↓↓

 

作品情報

作品名 おねえさんとなつやすみ
作者 リリックボックス
ジャンル  近親/親戚/巨乳/爆乳
掲載誌 愛玩☆実験室
出版社 KATTS
配信数 5話まで配信
価格 1話86ポイント
エロさ ★★★★★
評価 ★★★★★
配信サイト  Booklive・DMM

 

「じゃあお姉さんがやり方…教えてあげるね」夏休み、田舎の親戚の家を訪れた少年。そこで彼が出会ったのは美しい年上の女性。優しい彼女と少年はすぐに仲良くなりましたが…ある夜のこと。脱衣所で着替えていたお姉さんの裸を少年は覗き見てしまい、それに気づいたお姉さんは少年に女性の身体の柔らかさを、そして固くなったおち○ちんの本当の使い方を教えてくれて…!?虫カゴと虫取り網さえあれば満足だった夏休みはその日を境に大きく変わっていくのでした。

 

【おねえさんとなつやすみ】作品一覧

第1話 「じゃあお姉さんがやり方…教えてあげるね」

第2話 「気持ち良かった?このことは二人だけの秘密だよ」

第3話 「もっと気持ちいいこと…してあげるね」

第4話 「いいよ…お姉さんの中に全部出して…っ」

第5話 戯れるようにセックスを繰り返した夏休み

【おねえさんとなつやすみ】

<<お試し読み>>

 

【おねえさんとなつやすみの魅力について】

 

おねえさんとなつやすみは、夏休みに出会った自分の周りにはいないような清楚で女の感じのするお姉さんに恋をして、一夏の片想いどころか童貞も捨ててお姉さんにセックスを教わるというストーリーとなっています。

 

夏というだけでちょっとイヤらしい感じがしてしまうのですが、主人公の少年はまだ女の人のことを性的な目で見たことがないようなショタ男子で、初めて感じた女性に対してのいけない感情であったり、恋心と男心を抱いてしまった少年とおねえさんとの内緒の関係にドキドキとさせられます。

 

 

始めはおねえさんの胸元を見ただけでドキドキしてしまい、直視することができなかった少年がお風呂場でおねえさんが入っているのを知ると、覗かずには居られずにこっそりと覗こうとしまうとおねえさんと気がつかれてしまう。

 

少年の淡すぎる初恋にはありがちなパターンでこのせつないままで終わってしまうのではないかとさえ感じてしまうのですが、こっそりみんなが寝静まったところへとおねえさんの方がやって来て、少年が見たかったおっぱいを見せてきて、少年の顔を自分の胸に押し当てるシーンは少年の夢だろうかと疑いたくなります。

 

しかし、それは夢ではなく幸福な世界の始まりでしかなく、その日を境におねえさんとの内緒の関係が始まるというストーリーに、なぜおねえさんが少年を相手にしたのだろうかというような疑問は浮かびましたが、ショタのことを大切そうに膝におき、胸を押し当てる姿、彼の童貞を奪ってしまうシーンは必見です。

 

 

おねえさんに指導されながら最終的にはバックで思いきっり突きまくっている姿はたくましくも見えてきて、ショタではなく男に見えました。

 

【おねえさんとなつやすみ】

<<お試し読み>>